境界【vol.435】

a0140863_2037661.jpg


川と陸の境界。
草と石の対話。

境界とは対話すること。
そしたら、
間に渦が生まれる。



 きょうのいいこと
♪マンションの階段を掃除した。
階段は階と階との境界。
階段があってこそ(^^)私の家に繋がる。


 きょうの落ち葉
a0140863_21422372.jpg

弘法も筆の誤り
緑葉も木から落ちる

あなたはちょっと落ちるのが早かったけど
こうやって、皆さんにお披露目できてヨカッタ(^^)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ クリエイティブライフへ
にほんブログ村
Commented by poolmoon at 2011-10-23 10:37 x
ふしぎ感ただよう一枚ですね。
筆のカスレみたいなのがいいかんじです。
Commented by ♪陽ちゃん at 2011-10-23 12:43 x
私も水彩画のように見えたよ♪
Commented by くう at 2011-10-23 16:18 x
水の上に絵の具を流したように見えました♪
「境界とは対話」とみんなが思っていたら揉め事も少しは減るかもしれませんね☆
現代は境界はぶつかり合いって感じやもんね。
今日の落ち葉かわいいね。
毎朝カーテンを開ける度に周囲の景色が日々色付いて行くのを感じます。ポチ☆
Commented by veranda-run at 2011-10-23 23:24
poolmoonさん
「ふしぎ感」←ぴったりの言葉をありがとうです。
筆のカスレを実際に手でなぞってみたかった…でも下には降りられない場所でした(^^;)残念。
Commented by veranda-run at 2011-10-23 23:26
陽ちゃん
そうそう、水墨画のように思えました、私も!
川が創る不思議な造形でした。
でも、氾濫はしてほしくないですね。
Commented by veranda-run at 2011-10-23 23:30
くうちゃん
ホンマに…境界はぶつかり合い…難しいです。
相手を認めながらも折り合いをつけていく、そんな方向を手探りで探っていきたいなぁと思う今日このごろ。
とりあえず、今は、景色の移ろいを楽しみましょうか、ねぇ、くうちゃん♪
ポチ☆ありがとう(^^)
Commented by ふみちゃん at 2011-10-25 22:35 x
あえて境界を意識しない、混沌とした状態もわたし好きかも☆☆
 
絶対に必要な境目は、人間をくるむ皮膚とか個体をくるむ殻(なんて言うんやろ?)くらい。 
それ以外は人間が便宜上あるいは利害上作ったものが多い気がします。 

あれもこれもいっしょくた、何でもありで受けいれられる深~い懐が欲しい
と思う今日この頃です。

なんや理屈っぽくなってしもた。ゴメンチャイ(^^)v
Commented by veranda-run at 2011-10-30 01:30
ふみちゃん
混沌としている状態はとてもリアルで自然な状態たと思います。
0か1か、白か黒か、そんなにはっきりと分けられないよね。
「人間をくるむ皮膚と個体をくるむ殻」
おぉ~!まさに!
今読んでいる本に「生きている人間のからだ、それは皮膚という生きた袋の中に、液体的なものがいっぱい入っていて、その中に骨も内臓も浮かんでいるのだ」という言葉がありました。その原理を生卵で説明しており、腑に落ちました。
偶然同じようなことを考えていて、びっくりしました♪
Commented by ふみちゃん at 2011-10-30 16:36 x
へぇ、おもしろい偶然だね♪

皮膚も含めてその袋の中のもの全部ひっくるめて“個性”っていうんだろうね♪
外見の作りがちょっぴりおへちゃでも、内臓とか骨に支障があっても、ちゃんと
皮膚でくるまれてりゃぁ完ぺきな人間、あとは個性だよね(^o^)

自分と外界を隔てる皮膚への意識が薄すぎても、強すぎても、心は悲鳴を
上げます。 
なんでもほどほどがよろしゅうおす(^v^)
Commented by veranda-run at 2011-10-30 21:57
ふみちゃん
うんうん、ほどほどにいきまひょ。
内臓と骨と皮膚と心と…その人なりの調和を保っていきたいね(^^)
by veranda-run | 2011-10-21 21:27 | 日々のるん♪ | Comments(10)